塾生の合格実績を確認する場合は、出身校や塾に通う前の成績もチェックしよう

利用する個別指導塾の選び方

受験対策のために使われる塾は多くありますが、個別指導塾はマンツーマンで学べるので人気があります。分からない所があってもすぐに相談できるため、受験対策としてよく利用されています。ただ個別指導塾は沢山存在するので、どこを使うべきかは十分に考えなければいけません。どの程度受験で合格できるか、資料などを見て確認しておくのは大切です。塾が提供している資料では有名大学に合格した生徒の数や、どの程度の比率で成功できるかが書かれています。そのような資料は参考になりますが、できるだけ詳しく調べておかなければいけません。例えば元々優秀な人が集まりやすい塾だと、特別な教育をしなくても合格率は高くなる可能性が高いです。

具体的な個別指導塾の実力を調べる重要性

広告などで見かける個別指導塾は、生徒の合格率を公表しています。合格率の情報を見れば使いやすいか分かりますが、それだけでは十分とはいえません。塾で学ぶ時はどの程度学力がアップしたかが重要で、そのようなデータがないと評価てきません。元々学力が高い方が塾を利用した場合は、特別なことをしなくても受験に合格できます。しかし多くの人は高い学力がないので、塾を利用して実力をつけなければいけません。個別指導塾を利用する場合は、そこで学んでどの程度学力がアップするか聞いておくべきでしょう。入学前の学力と比較して高い実力を得られる所ならば、子供を学ばせる価値があるといえます。個別指導塾を選ぶ時は学習の効果を確認すべきで、実力をつけやすい所を利用すべきでしょう。

高校進学を目標とする中学生の塾では、学校の定期テストを意識しながら基礎学力をアップさせるよう取り組んでいます。

© Copyright Effective Teaching. All Rights Reserved.