質問のし易さやコミュニケーションの円滑さは学習の理解度にも影響する?!講師との相性を見極めよう

個別指導塾に通うメリットとは

近年、個別指導スタイルの塾は、子供の進度や理解度に合わせた指導が受けられることで人気になっています。確かに、講師一人に生徒が一人か二人での授業なので、それぞれの子供に合わせて、きめ細やかな指導ができるという大きな利点があるでしょう。

また、個別指導は、生徒の心理面にも寄り添い、コミュニケーションを大切にしてくれるので、集団ではとけこみにくい子供でも安心できる学習環境が提供できます。たとえば、何気ない会話でその子の良さを引き出して、自信を持たせてもらえますし、大勢の中では質問しにくいようなことがらでも、遠慮なく、その場で教えてもらえます。わからないところをそのまま放置することが減ることで、効率の良い学習ができるでしょう。また、サボることや、聞いているふりなどはできないので、緊張感を失わずに学習に取り組むことができます。

講師と子供の相性を見極める

そうはいっても、やはりマンツーマンの指導となると、やはり、相性の問題があります。これは、個別指導塾での学習においては、とても重要なポイントになるでしょう。その理由は、子供にとっては、教え方のわかりやすさよりも、講師の好き嫌いの問題の方が重要であるからです。子供にとって、親しみやすさや話していて楽しいというようなことは、とても大切なことです。

「先生のようになりたい」というような憧れの感情は、意外にあなどれないものです。気まずい雰囲気の中で授業をするよりも、憧れの対象と学ぶ方が明らかに効率が良いのは、大人でも同じではないでしょうか。子供が「あの先生はわかりにくい」というようなことを言ってきた時は、相性の問題が大きいかもしれません。個別指導塾では講師の変更もできるので、もしも相性に問題を感じたら、遠慮なく変更を願い出ることも必要でしょう。

© Copyright Effective Teaching. All Rights Reserved.